2013年 4月20日(土)- 5月19日(日)
img_918ed12c3ab6de94fce927038cb99154
img_44b9260d18b6f52b17c8ef801534d04c

喫茶 陶花
 〒811‐2402 福岡県粕屋郡篠栗町大字金出3280  
 TEL&FAX : 092‐948‐0213   11:00 - 19:00( O.S. 18:00 )定休日 : 4/22(月)、5/13(月)
DMデザイン:榎並 憲二 シロクマ3

<ポストカードの文>
目の前で日々変化するものを描いている。数日に一度、白と紫の球根をふたつ。それぞれ墨とカラーインクで計四枚。
描きだして既に八年が経つ。随分と何でもないものを見続けている気がする。でも、そこからしかつかめないものがあるのも、わかっている。
今年の一月から四月までに描いた絵を「陶花」の空間に飾る。小旅行のような気分でお越し下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「球根 2013」@喫茶 陶花 について」
福岡の中心地から小一時間。篠栗(ささぐり)の山の中にある喫茶 陶花。あの綺麗な直方体の中で何が出来るだろうと3月から考え出す。2012年末から福岡近郊の色んなカフェで、僕の作ったものを販売してくれている diti 森君の提案がきっかけ。
最初は今まで描いてきた「SCRAPS」の出力の展示を考えたが、どうせなら今描いている「球根」の原画の展示にしようとオーナーに相談し決める。細長い空間に2013年に描いた150枚(4/5時点)の中から36枚+37枚の原画を並べる。これで今年の球根を客観視できる。
2006年以降「球根」の個展を何度とやっているが、一直線に並べることが出来たのは初めて。
img_d0ef4322adbe2f9b088ae946d71c0d09
img_88fa75a645092724edaca5112098b830
img_8a10dafe7577ab6307a16dc75f6333d6
img_5dbc01e606b7b273eca1b1103ffeaab5
img_c25fd0792836cb78454d82fcefed5980

img_39a85f319e411749257bf88710b551cb
img_f1d92716231edc5bc7093c697dc3fafa
img_060f43c4290528f93c00732f197533a6
img_eb5195357d7c160bb7d60465ccb19a78
img_9db6746825d696852a5f9a86e2ebd0f9
img_9ff8921ea9a415fd1f715ec3d0f31af2
img_ff4b0af2ab36978eca6fd81d39ce68fb
img_b6f512bee9887cdb8881b144b4d2687d
img_9bc6936783d733ad3abde058a92e48cf
img_73990722add1236c4f0ccc73bdf03a60
img_cb54bf8c174029b4a25d50d50816eece

2013年の4月5月の日記を見返しながら2014年7/29にこの頁をまとめている。
1ヶ月の個展期間に、搬入を兼ねて4/18-4/24の7日間、5/8 - 5/10は母を連れて2泊3日、搬出を兼ねて5/16-5/22の7日間福岡に滞在。長く行きたい理由がいくつもある。

基本個展の為に行くのだが、それ以外にデッサン会、温泉、野外フェス、カフェlive、BBQと盛りだくさんの1ヶ月。福岡の友人のサポートで、色んな事が東京以上にスムースに運ぶ。
福岡郊外での展示は久しぶりだったが、篠栗という場所の、人+自然の魅力を味わえたし、いつもの街中とは違った環境での個展の可能性を感じた。

2014年 7/28は陶花の10周年。10年と1日目の今日も、いつもと変わらないシャキッとした空気に包まれているんだろうなと一人東京で思う。
2014年秋には湯布院と福岡で良い展示が出来るよう、また会えるのを楽しみに、僕もいつも通りの日々を送ろうと思う。
喫茶 陶花 10周年おめでとう!
img_ed5661b0b1ded77f07dc6951787963ed
img_7856bc832afb0a1660209e77b7b1eaad
img_c535f3e76a980035d27e6a3af1cb0a18

img_d8f599b3d79823f37d4b048668d257d9-1
img_69d3cc9746d7519918d9aa254833b819-1

「喫茶 陶花」への行き方 *2013年4月の情報です。

福岡の中心地、天神あたりからバス+電車+歩きで計1時間の場所にあります。
JR 博多駅 - 篠栗駅篠栗線快速で14分、270円。
篠栗駅 - 「喫茶 陶花」
徒歩で30分。金出交差点から坂道が続きますが、晴れていたら徒歩をお勧めします。タクシーだと850円位。
img_f55041b9b570ff6f5ca35f54d4a09494
img_02615fa15b4feef062dc9745748c696b
写真下段中央の看板が見えたらもう一息。
ちなみに東京 - 福岡ですが、G.W.以降はツアー料金の安い時期です。平日ならば 2泊3日で飛行機の時間を選んでも1人¥25,000位で行けます。往復の飛行機代+ホテル代込み。(早朝出て、最終戻りだと¥20,000代前半からあります。)
ただし、ツアーはスカイマーク利用で出発日5日前まで。他の飛行機利用で出発日10日前までに申し込む必要があります。ツアーは色んな会社がやっていますが、例えばこちら (Click!)  
個展最終日の前日 5/18は ハナレグミ、クラムボン他が出る CIRCLE '13という野外イベントもありました。
この機会に福岡行ってみるか?という方、メール頂ければお勧めのお店、場所などを紹介します。
お気軽にどうぞ。 0428_2013 北村 範史

デッサン会@陶花
個展「球根 2013」の最終日に喫茶 陶花でデッサン会をします!
デッサン会では参加者が交代でモデルになり、鉛筆と紙を使って1ポーズ10分。休憩をはさんで、計10枚ほど描きます。そんな会を週に一度、東京の代々木で三年ほど主宰しています。
個展をする時は、できればそこに集まる人と「描く」ことで時間を共有できたらと思っています。陶花の前にはちょうど良い公園があるし、雨が降らなければ屋外で、雨ならお店の中でします。絵を描いたことの無い人も大歓迎です。お気軽にご参加下さい。
【日時】5月19日(日)15:30 - 18:00
【参加費】1,500円(飲み物付)/【定員】15名
【持参するもの】鉛筆、消しゴム(*B4の紙と画板はご用意しますが、ご持参いただけると助かります)
ご予約、お問合せは 喫茶 陶花まで TEL&FAX : 092‐948‐0213
img_7f601386f3dd67603d42a8cea05c952c


写真は2005年4月にSさんとオグルス君 (Click!)  と初めて陶花に行った時のもの。
img_0ecd7fd467484368ef342384bfb12bec
img_e2f11a4c7e2464d8a128dc241fe85fe1
img_586aad2a35f3af5529e0bbbebb4ceced

6月、同タイトルの東京での展示